new2019/12/11
CB基礎研究用装置の販売を開始しました。

SEC(エス・イー・シー)練混ぜ
コンクリートの練混ぜ技術であるSEC練混ぜ(特許)の技術を提供します。

SECSand Enveloped with Cement)練混ぜは骨材の周囲で低水セメント比のセメントペーストを練混ぜ、造殻することを特徴とする、高品質コンクリートの製造方法です。
(NETIS登録番号:KT-100097-VE、建設技術審査証明(土木系材料・製品・技術、道路保全技術)、建技審証:第0309号、(一財)土木研究センター)

イメージ:SEC練りで造殻された骨材(砂)の状況
SEC練混ぜで造殻された
骨材(砂)の状況

イメージ:通常練りの骨材(砂)の状況
通常練り(一括練混ぜ)の
骨材(砂)の状況

詳しくはこちら


コンクリートエンジニアリング
コンクリート技術をベースとしたエンジニアリング業務・コンクリート試験・構造実験業務を受託いたします。

イメージ:大型構造実験状況
大型構造実験状況

イメージ:走行疲労試験装置
走行疲労試験装置

詳しくはこちら


エアレス吹付けシステム
吹付けに空気を使用しない、低粉じんのNATM トンネル用吹付け機(エアレス吹付けシステム)を
提供いたします。

イメージ:エアレス吹付け機
エアレス吹付け機

イメージ:トンネル施工状況
トンネル施工状況

詳しくはこちら


CB基礎研究用装置(変動的慣性力付与装置)
コンクリートの気泡を消失させるため、配合毎の最適な変動的慣性力条件を抽出する
基礎研究用装置を提供いたします((株)NejiLaw製造)。

コンクリート構造物の粗大な表面気泡(ここではCBと呼びます。)は、長い間美観の問題と捉えられてきました。しかしながら、CBがコンクリート構造物の耐久性に悪影響を及ぼすことが明らかとなってきています。
当社は、コンクリート構造物製造(施工)時にCBを消失させるために、どのような条件で振動や加速度を作用させるかを試験するための装置を提供いたします。

イメージ:CB基礎研究用装置

本装置と棒形バイブレータの試験比較
イメージ:本装置(40Hz,1.0mm,3.2G) イメージ:棒形バイブレータ(30s)
本装置
(40Hz、1.0mm、3.2G)
棒形バイブレータ
(30s)

詳しくはこちら


新着情報

2019/12/11
CB基礎研究用装置の販売を開始しました。
2017/07/03
ホームページをリニューアルしました。
2017/06/09
当社試験研究所が移転致しました。

新着情報一覧へ

このページのトップへ戻る