1. ホーム
  2. 試験手順の例

SEC(エス・イー・シー)練混ぜ

コンクリートエンジニアリング

エアレス吹付けシステム

CB基礎研究用装置
(変動的慣性力印加装置)

CB基礎研究用装置(変動的慣性力印加装置)

試験手順の例

コンクリート気泡消失の基礎試験を行う場合には、まず制御装置を起動して変動的慣性力パターンをPCで設定しておきます。その後、以下の写真のように、試料コンクリートを練混ぜて試験体を作成し(a)、試験装置に設置して(c)、各部を固定します(d)。PCからの制御信号で設定済みの変動的慣性力パターンで、加振試験を実施します(e)。

(a)試験体(アクリル製内型枠、コンクリート)
イメージ:(a)試験体(アクリル製内型枠、コンクリート)
(注)*1:(内寸)150(幅)×150(奥行き)×300(高さ)mm
(b)塩化ビニル製外型枠
イメージ:(b)塩化ビニル製外型枠
(c)全面板・上蓋の取付け
イメージ:(c)全面板・上蓋の取付け
(d)試験準備完了
イメージ:(d)試験準備完了
(e)試験状況
イメージ:(e)試験状況

このページのトップへ戻る