1. ホーム
  2. エアレスの概要(エアレス吹付けシステム)

SEC(エス・イー・シー)練混ぜ

コンクリートエンジニアリング

エアレス吹付けシステム

エアレス吹付けシステム

エアレスの概要

エアレス吹付けシステムとは

エアレス吹付けシステムとは、トンネル掘削工事の吹付け施工において、インペラと呼ばれる回転羽の打撃力でコンクリートを投射して吹付ける工法のことを言います。従来の圧縮空気を用いる方法と異なり、粉じんの発生が極めて少ない工法です。はね返りも少なく、コスト縮減に繋がります。さらには、吹付け施工時の消費電力が従来の工法に比べて1/3程度となり、CO2削減にも繋がります。

システム概要

インペラヘッドは、高速回転する羽車(インペラ)とそれを覆うケーシングで構成され、油圧モータにより駆動されます。コンプレッサーの代わりに55kW電動機の油圧ユニットが搭載されます。油圧ユニットは、エアー吹付用のコンプレッサーより消費電力量が少ないので省エネで静かです。

◎インペラヘッドのコンクリート投射概念図

イメージ:インペラヘッドのコンクリート投射概念図

◎インペラヘッドの仕様

エアレス吹付けシステムは、時間当たり16m3の吹付け能力があります。回転体のインペラは55kWの油圧ユニットにより油圧モータで駆動され、実用回転数は2000rpmです。
インペラヘッドの総重量は、65kgと軽量のため、吹付け用ロボットのマニピュレータを補強せずに搭載できます。従来のエア吹付けのノズルと同じノズル操作が可能です。
エアレス吹付けシステムでは、スラリー急結剤を使用します。

項  目 規格・寸法
定格投射量 16m³/hr
インペラ実用回転数 2,000rpm
インペラ径 300mm
配管径(投入管) 65mm
投射口寸法 80×104mm
総重量 65kg
駆動用油圧ユニット 油圧ポンプ55kW
◎エアレス吹付けシステムを搭載したベースマシンの例
◎エアレス吹付けシステムとスラリー急結剤添加システム

イメージ:エアレス吹付けシステムとスラリー急結剤添加システム

このページのトップへ戻る